【要読】はじめに&課金部分について【10/6追記】



 このブログは墨香銅臭著のBL小説『天官賜福』を非公式で日本語に翻訳したものを掲載しています。
 閲覧頂く場合は、以下のことにご留意ください。

・原作の日本語翻訳版の発行が決定した時点でこちらのブログの記事は削除します。
・この翻訳は版権、公式、作者とは一切関係ありません。いちファンの趣味です。
・素人の趣味による翻訳のため、誤訳や解釈違いがあります。
・できるかぎり原作を入手してください。
・このブログに掲載した翻訳を再投稿、出版、このブログ以外の他のプラットフォームに転載するなどはやめてください。とにかくこのブログを閲覧し原作で書かれたことの一解釈として扱う以外のことはしないでください。



【天官賜福のちょっと長い紹介】

 人は試練を乗り越え飛昇すると神仙となり、死してなお恨みが晴れなければ鬼となる。
 彼らがそれぞれ住まう人界・天界・鬼界の三界には有名な笑い者がいた。仙楽故国太子殿下・謝憐(シェ・リェン)は齢17歳にして神となるも、救国に失敗し、二度も天界を追放され、800年も地上をさまよいがらくたを集めているという。

 そんなぼろ神がなんとまた飛昇した!

 彼のために『最も下界に貶されてほしい神官』ランキングが作られたり、今度はいつまで天界から追い出されずにいられるかの賭けが盛り上がったりと、天界の皆様方は大いに楽しんでいるご様子。当の太子殿下はというと、相変わらずの不幸体質のせいで飛昇の際に神殿を壊してしまい、賠償金を稼ぐため、下界へ任務に向かうことに。

 そこで彼は、銀蝶と共に現れた紅衣の奇妙な少年と出会う。そのことを知った天界は騒然とした。彼に接触した血雨探花・花城(シェーユータンファ・ファチョン)はかつて三十三神官を神の位から引きずり下ろし行方知れずにした、いま天界にとって最も厄介な絶境鬼王だ。その本性も謎、目的も謎、気まぐれに血の雨と腥い風を伴って現れる彼を、神官たちは嫌悪あるいは畏怖している。
 そんな彼と接触した謝憐はというと、

(あの銀蝶そんなに怖いかな……? いいじゃない……かわいいもの)

 と呑気なもの。花嫁に扮していた彼の手を引いて、紳士的に道案内をしてくれた少年と神官たちが口々に噂するおそろしい鬼王が、どうしても結びつかない。

 彼は下界に降りると信者集めに奔走した。800年も貶され忘れられていた彼には、彼のための信者も寺院も見つけられずにいた。ついには自分で自分自身を奉るという暴挙に出た彼は、その途中で家出してきたという少年と出会う。奇遇にも、楓に勝る紅々とした衣を着て、雪のように白い肌をしている。三郎(サンラン)と名乗った少年は謝憐を「兄さん」と呼んで慕ってきて、その博識多才ぶりで謝憐をなにかと助けてくれるのだが、色々知りすぎてるし、彼と居ると不思議なことが起こるし、どうもただの人間には思えなくて……?

 ってかんじの、悪名高い不幸体質の武神・謝憐(受け)が、天官たちに恐れられている謎めいた鬼王・花城(攻め)と恋に落ちる話です。相容れないはずの神と鬼のビックカップルです。大スキャンダルですね。

 謝怜は花城と絆を深めながら、信徒や信仰を集めるために天界からの任務に勤しんだり、意図せず事件に巻き込まれたりしていきます。その中でどろどろした天界の裏事情や腐敗を知っていき、謝怜自身も800年にわたって己を振り回していた確執や陰謀と立ち向かうことになります。

 『天官賜福』の普江文学城でのページはこちらです→http://www.jjwxc.net/onebook.php?novelid=3200611

 天官賜福(日本語読みではおそらく「てんかんしふく」)は字の通り「天官の祝福あれ」という感じでしょうか。
 本編中では、「天官賜福、百無禁忌!」という形で使われることが多いです。「百無禁忌」は「許されないことはない」という意味でしょうから、「天官の祝福があれば、できないことはない」という感じだと思います。大切なおまじないです。

 メインCPは花城✕謝怜です。花憐(簡体字だと「花怜」)って呼ばれてます。
 作者さんの紹介によると「C天R地小妖精攻×仙风道骨收破烂受」とのことですが、たぶん「Fuck天界Fuck人界・唯我独尊(でも受けにだけ)甘々のビ○チ攻✕仙人気風のがらくたコレクター受」みたいになるんだと思います。意訳なので違うかもしれませんが、でもだいたいそんな感じのCPです。
 お話全体としてはホラー・ミステリー要素が強いです。WEB版の奇数巻は現代の話、偶数巻は過去の話という構成になってます。特に過去編でしんどい話であったりきつい描写もあったりするのですが、ラブコメたっぷりなのでハマれば夢中で252章(話)を駆け抜けてると思います。

 ネタバレなしで読むことをお勧めします。本当にネタバレなしで読めたほうが楽しいです。ネタバレなしで出来れば読んでほしいな……。


【翻訳について】

 私が中国語初級学習者であるため、翻訳にあたっては翻訳機を多用し、言葉の意味を中日・日中辞書や百度百科事典を使って調べ、なるべく日本語らしい文章にする方針で訳を手直ししています。魔翻訳に毛が生えた程度です。なので誤訳や意訳が必ずあります。誤字脱字ももちろん多いです。見つけ次第修正しますし、教えていただけたらうれしいです。

 用語については天官賜福用語集 Wiki*(https://wikiwiki.jp/tgcf/)さまや天官赐福 (てんかんしふく)とは【ピクシブ百科事典】(https://dic.pixiv.net/a/%E5%A4%A9%E5%AE%98%E8%B5%90%E7%A6%8F)さまを参考にさせてもらっています。

 人名は繁体字表記かつ中国語読みにしているつもりです。余計かもしれませんが、はじめて登場したときはよみがなを振っておきますが、私は自分の耳に自信はないのでご了承ください。手が伸ばせれば文末に注をつけますが、つけるのが面倒なのと、私自身が読書中に言葉の意味を調べて集中がそれるのが好きじゃないので、易しい言葉に言い換えて文中で意味が理解できるようにしています。なので意訳になるときもあります。もちろん、言い換えが分かりにくかったり注が不十分なときもあります。

 あくまでこちらは素人の翻訳なので、一番なのは自分で原作を翻訳機にかけて読むことだと思います。そのほうが先の話をどんどん読めますし、原文に触れたほうが誤読も少ないはずです。


【追記(7/12)おすすめの翻訳機について】


 結論から言いますと:Google翻訳だけはおすすめしません。

 いや、好きな方もいらっしゃいますし私も手早く確認したい時はGoogle翻訳使いますが、魔翻訳がひどくて物語の把握に支障が出るレベルなので初見で読む時はおすすめしません。

 基本的には、中国語圏にある会社で出された翻訳機は中国語訳に強いと思います。いくつかあるのでそれぞれ試してみてください。またTwitterなどで検索すれば、有志の方が翻訳機について良し悪しを書いてくださっていると思います。

 私の方が使ってみて良いなと思ったのが腾讯翻译、有道翻译、百度翻译です。すべてアプリ版/ウェブ版があります。


 ・腾讯翻译……日本語らしい訳を出してくれるのでスムーズに読めます。最初のころはこいつにお世話になってました。ちょっと固有名詞には弱め(扶揺が「首を振った」とかになりがち。あと謝憐が高確率で「憐れみに感謝します」とかになる)。スムーズに読めるので、しれっと飛ばされている一文や台詞に気づきにくいです。字数制限が2000字ですが、途中までは訳してくれるので、読んだところの原文を消してやれば、続きを訳してくれるので楽ちんです。


 ・有道翻译……最近使い始めたんですけど中々良いです。固有名詞に強い!扶揺が首を振りません!謝憐も感謝しない!小裴将軍が「小★[#王+おおざと(邦の右側)]将軍」とかになったりしないんです……めっちゃいいです……。一度に訳せるのは5000字です。でも途中まで訳してくれるので、読み終わったところの原文をどんどん読んでいけるから楽。訳は硬めですが漢語っぽくて雰囲気あるかも。


・百度翻译……こいつも腾讯翻译と似ていて固有名詞で魔翻訳発生しがちだし台詞飛ばしがちですが、意訳は少ない印象です。私が天官を読んでた時はこいつのアプリ版で駆け抜けました。なぜかというと、アプリ版だとスクショから原文書き出し→翻訳をやってくれて、テキスト化された原文と訳文を同時に読めたからです。おかげでどこが飛ばされているのか分かったし、飛ばされてるところをコピペして他の翻訳機にかけて意味を知る事もできました。原文と照らし合わせてるとちょっとずつ中国語が読めてきて、それも楽しかったです。

 他にも子牛翻译は良いと聞いたのですが、あまり使ったことがないので感想は書けないです。みなさんもお試しください。


【魔翻訳のやり方】

・20章まで(無料部分)……文章をコピペできるのでそのまま翻訳機にかけてOKです。

・有料部分……小説が書かれているページのスクショを撮る(ウェブ版だと一度にたくさん文を収められる)→翻訳にかける

 各翻訳機のアプリ版がある場合→画像翻訳にかけましょう!暇な時にスクショを撮りまくり、読みたい時にどんどん画像翻訳にかけると捗ります。

 各翻訳機のウェブ版を使う場合→他の画像書き起こし機能のあるアプリでスクショを読み込ませ、文を書き起こし、書き起こした原文をコピペして翻訳にかけましょう。

 個人的にはアプリ版をおすすめします。書き起こす手間が省けるので。なるべくストレスがない方法を選びましょう!


 紹介した3つの翻訳機はウェブで名前を検索してサイトに入ると使えますし、アプリもダウンロード出来ます。ダウンロードするかどうかの判断はご自身でどうぞ。私はいまのところ変なことは起きてないです。

(ちなみに中国語のサイトなので全部中国語なのですが、翻译→翻訳、中文→中国語、日语→日本語です(ちなみにRの音で始まるので、アルファベットで探す場合はRの行から探すと良いと思います)。あと「翻译上限2000字符,请将原文分开翻译」は「上限の2000字越えてるから、分割して訳してね」って意味だと思います。わからない時はgoogle翻訳でページを翻訳しましょう!だいたい合ってます!)



【課金部分について】


※書籍を買われた方向けの公開方法は検討中です。決まり次第追記します。


追記:台湾版の書籍を買われた方にはprivetterでパス付き公開をします。こちらは書籍中の注などをパスワードにしておくので、TwitterにDMで購入証明をする必要はありません。各々でヒントを元にパスワードを書籍中から見つけて読んでください。


 他に有志翻訳をされている方を参考にさせていただき、パスワードでの記事公開という形を取らせていただくことにしました。

 再度申し上げますが、

・原作の日本語翻訳版の発行が決定した時点でこちらのブログの記事は削除します。
・この翻訳は版権、公式、作者とは一切関係ありません。いちファンの趣味です。
・素人の趣味による翻訳のため、誤訳や解釈違いがあります。
・可能な限り原作を入手してください。
・このブログに掲載した翻訳を再投稿、出版、このブログ以外の他のプラットフォームに転載するなどはやめてください。とにかく、このブログを閲覧し原作で書かれたことの一解釈として扱う以外のことはしないでください。


 こちらを必ず守ってください。

 課金部分の翻訳を閲覧するにあたって条件が2つあります。

①晋江文学城で『天官賜福』を全巻買った購入証明のスクショ(ご自身のツイッターのID入り)を、翻訳更新報告用Twitter(https://twitter.com/cbltranslainfo)にDMでお送りください。

『天官賜福』の普江文学城でのページはこちらです→http://www.jjwxc.net/onebook.php?novelid=3200611

②お渡しするパスワードを第三者に共有することは絶対にやめてください。いかなる手段であってもだめです。もしされていた方を見つけた場合、最悪、翻訳は削除することになります。

 また、この翻訳は素人が趣味でやっているものなので、全章を訳すとはお約束できません(252章もありますし)。私生活の影響で更新も不定期になります。
 今のところ、2巻(88章)まではやれそうかなと思います。
 全巻の購入証明スクショを求めるのは、更新がどこまでいけるか分からない上に、いちいちDMいただくのは手間なのでそうさせてもらいました。ご不満があるかもしれませんが、繰り返し申し上げますとこちらは非公式かつ趣味やっている翻訳ですし、原作をぜひ買っていただきたいので、ご了承いただけたらと思います。
 私も有志翻訳をするのは初めてなので、手続きになにかと不備があると思います。手は尽くしますが、遅れや失敗などがあってもお手柔らかにお願いします。

○購入証明を撮る方法
 
アプリ版

・右上にある人型のマークを押す
・账务と書いてあるお金のマークを押す。
・「VIP服务」と書いてあるタブを押す。
・出てきたページをスクショし画像にツイッターIDを入れる。

追記(7/9): 下記の方法だと私が全文購入されているか判断できないので、アプリの場合は上記の方法でお願いします。
追記(10/6):121章が鎖された影響でこの方法だと証明が難しくなりました。10月以降に購入された方は以下の方法でお願いします。

・右上にある人型のマークを押す
・账务と書いてあるお金のマークを押す。
・「VIP服务」と書いてあるタブを押す。
・「订阅全文」タブ下、「否」というところをタップ。
・出てきたページをスクショし画像にツイッターIDを入れる。


あるいは、

・右上にある人型のマークを押す
・账务と書いてあるお金のマークを押す。
・购买记录を押す。
・右上の日付をあらわした数字(例えば「202106」と書いてある)を押して操作して、購入した月に設定する。(買ってすぐスクショを撮る場合はこの過程は必要ありません)
・文章名「天官賜福」が出ていることを確認しスクショ、画像にツイッターIDの文字を入れる。



PC版(8/3に変更しました)

追記(10/6):121章が鎖された影響でこの方法だと証明が難しくなりました。10月以降に購入された方は以下の方法でお願いします。


・ログインした後、ページ上部にあるタブの右側にある「读书」にカーソルを押すか、そのままクリック
・「VIP服务」を押す
・スクロールして出てきた「我购买过的所有VIP文」と書いてある緑色のタブをスクショ。「天官賜福」の名前の横の[+]を押すと購入章の一覧が出ます
・その写真を撮ってツイッターIDを入れたものをDMに送ってください。

 申し訳ございませんが、普江文学城の登録の仕方や「天官賜福」の購入の仕方まではご説明できそうにないです。ツイッターや他の有志翻訳をされている方などから情報を得られると思います。
 
なにかご質問あればツイッター(https://twitter.com/cbltranslainfo)のDMへどうぞ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

kirihata

Author:kirihata
中国語初心者です。原作の読み返しついでに自分なりに訳してます。
魔翻訳に毛が生えた程度なのでご了承ください。

検索フォーム

QRコード

QR